1. トップ >
  2. ビューティ > 針脱毛(ニードル脱毛)ってどんな脱毛方法?その特徴をご紹介!
2017/02/10

針脱毛(ニードル脱毛)ってどんな脱毛方法?その特徴をご紹介!

6

脱毛と一言で言っても様々なものがあります。光脱毛や医療レーザー脱毛などは有名ですが、針脱毛はあまり聞き馴染みがないという方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、針脱毛(ニードル脱毛)の特徴をご紹介します。

針脱毛の特徴その1・80年代は針脱毛が主流だった!

おもにエステで行われている脱毛方法です。 ひとつ一つの毛穴に針を刺して電流を流す脱毛方法のため、脱毛効果はとても高いです。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/howto.html

1980年代はニードルが主流でしたが、衛生面などでも心配があったというほど。今ではさすがにその心配はないですけど、岡本夏生も叶恭子さんもニードルでビキニラインの処理をしたそうです。

引用元:http://www.cuo-re.jp/needle.html

ニードル(針)脱毛は医療行為です。
レーザーよりも針を扱うことで皮膚や毛穴に傷がつくことは多く、その傷に対しての治療が必要となります。

なので、安全面からニードル(針)脱毛は医療機関でしか行えないと法律で決まっているんです。
安心して高い効果を得るのであれば、クリニックでのニードル(針)脱毛をおすすめします。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/loss-of-hair/post-315

針脱毛の特徴その2・毛穴に針を挿して電流を流す?!

まずは針を毛穴に刺し、電気を流します。
そして10秒から20秒その状態をキープ。
毛根を電気の熱でダメージを与えます。

引用元:http://www.cuo-re.jp/needle.html

針を抜き、次の毛穴にまた針を刺し→電気を流す。
この繰り返しを毛穴すべてに行います。針はもちろん使い捨てです。

引用元:http://www.cuo-re.jp/needle.html

毛穴の一つ一つに針をさし、電流を流して毛の元である毛乳頭、毛母細胞を破壊し毛の再生を阻止する脱毛法です。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/loss-of-hair/post-315

針脱毛の特徴その3・痛みはどのくらいあるの?

昔のニードル(針)脱毛と言えば「めちゃくちゃ痛い!!」そして「めっちゃ高い!!」

第一次脱毛ブームがバブル期だったせいかお値段も【全身100万円】や【両ワキ30万】などなど・・・

また、毛穴に1本1本針を刺すので時間も結構かかる。

「キレイになる為にはお金と時間が掛かるのね・・・」
と理解するものの、出し惜しみせずに出せる金額ではありませんでした。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/loss-of-hair/post-315

時代の変化と共にニードル(針)脱毛も変わりました!

今ではエステ(本当はちょっぴりグレーゾーン・・・)のニードル(針)脱毛や、クリニックでのニードル(針)脱毛など種類も増え、価格も昔に比べたら低くなりました。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/loss-of-hair/post-315

とにかくニードルは痛いです。
レーザー、フラッシュ(IPL)脱毛などに比べても一番痛いといえます。

引用元:http://www.cuo-re.jp/needle.html

針脱毛(ニードル脱毛)は、針を毛穴に直接刺して電流を流すという驚きの方法で行われる脱毛方法です。確実に永久脱毛を行うことができるという点では良いのですが、やはり針を刺していくためかなり強い痛みを伴ってしまいます。しかし、現在では針脱毛も進化を遂げているようです。もしも気になる方がいれば、針脱毛を行っている脱毛サロンや脱毛クリニックへ相談してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です