1. トップ >
  2. ビューティ > 自己処理で黒ずんでしまった肌…レーザー脱毛を受けることはできる?
2017/02/10

自己処理で黒ずんでしまった肌…レーザー脱毛を受けることはできる?

02

ムダ毛をカミソリなどを使って自己処理をしていくと、色素沈着が起こりやすくなってしまいます。
レーザー脱毛の場合、メラニンなどの黒い色素に反応してしまうため、黒ずんでしまった肌でレーザー脱毛を受けることは出来るのでしょうか?

みんな悩んでる?自己処理によって出来てしまう黒ずみの悩み

気がつくと、なんとなく黒ずんでいるワキの下。実はこれ、自己処理が原因かもしれません。

実は、ムダ毛の自己処理は、あなたが思っている以上に肌にダメージを与えています。自己流のムダ毛処理を続けていたら、なんだかワキが黒ずんできたという人も多いのではないでしょうか。自分で抜く、剃るなどの処理は肌への刺激が強く、ダメージも大きいのです。

引用元:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/006759/

自己処理後に起こりやすいシミ、黒ずみは、特にワキや脚に起こりやすいとされています。一般的にはシミや黒ずみを総じて色素沈着と括ることが多いのですが、「摩擦黒皮症」と呼ばれる場合もあるようです。

引用元:http://xn--nckgn2sta0bbb2e6876b2sgsp7fz7xcm83b.com/kiji13/

この肌に現れる茶色の点の正体は毛穴に生じた色素沈着です。黒ずみやシミは肌表面に現れるのが通常ですが、実は毛穴の中の皮膚にも起こり、肌にポツポツとした点が多数生じ、見た目を著しく悪くしてしまいます。

引用元:http://xn--nckgn2sta0bbb2e6876b2sgsp7fz7xcm83b.com/kiji13/

自己処理によって出来る黒ずみ…どうして色素沈着を起こしてしまうのか?

人間の皮膚は強い刺激を受けると自己防衛本能が働きます。この防衛本能が働くと、刺激から身を守ろうとしてメラニンの活動が活発になります。

引用元:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/006759/

メラニン色素を含んだ表皮細胞は通常肌のターンオーバーに伴って表皮から剥がれ落ちるため、理屈の上ではシミや色素沈着を起こすことはなく、肌の色は次第に元に戻ることになります。

引用元:http://xn--nckgn2sta0bbb2e6876b2sgsp7fz7xcm83b.com/kiji13/

しかし、肌が不健康でターンオーバーが正しく行われていない場合や、短時間に強い刺激を受け、大量のメラニン色素が一度に作られてしまった場合などには、新陳代謝が正常に機能できず、メラニン色素が表皮に残り続け、色素沈着を起こす場合があります。

引用元:http://xn--nckgn2sta0bbb2e6876b2sgsp7fz7xcm83b.com/kiji13/

黒ずんでしまった肌でも医療レーザー脱毛は可能なの?

黒ずみはお肌に色素沈着が起きている状態です。そしてその原因の多くは、お肌がカミソリから受ける刺激によるものです。脱毛することで、毛が生えなくなるので自己処理の必要がなくなり、黒ずみも次第に目立たなくなります。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/911.html

脱毛マシンの光は、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応してダメージを与える役目を持っており、お肌に色素沈着があると光がメラニンに反応し、お肌の細胞も一緒に破壊してしまうおそれがあります。そのため、色素沈着のひどいお肌には施術をすることができないのです。
しかし最近では、色素沈着のあるお肌でも照射レベルを下げて脱毛する方法が採用されています。また、メラニンに左右されない画期的な脱毛マシンや黒ずみをケアできる鎮静ローション、さらには美白効果のある光で脱毛する方法なども開発され、その進化した技術によって色素沈着をキレイにしながらムダ毛ケアをすることができるようになりました。

引用元:http://xn--r8j0cx74kmxqdohlm7a8yt.com/kurozumi-naoru/

すでに色素沈着を起こしている場合は、肌に漂白効果があると言われるハイドロキノン配合のコスメを使用するのもオススメ。また、ビタミンC、ハイチオール、トラネキサム酸など色素沈着の改善が期待できる薬やサプリメントなどを摂取するのも改善方法のひとつです。

引用元:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/006759/

黒ずみはメラニンによって引き起こってしまうもののため、そのメラニンに反応してしまうレーザー脱毛は受けられないのでは?と心配になる方もいらっしゃいますが、実は脱毛機の照射レベルを下げたり脱毛機によってはメラニンではない部分で脱毛を行うものもあるため、基本的に医療レーザー脱毛は可能となります。
もしも不安に感じている場合は、一度脱毛クリニックへ相談してみると良いでしょう。
医師が親身になって相談に乗ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です