1. トップ >
  2. ビューティ > 自己処理が難しい背中!脱毛する必要性はある?
2017/02/10

自己処理が難しい背中!脱毛する必要性はある?

03

脱毛は腕や足、脇と自己処理できる範囲に注目がいきがちです。
背中は誰にも見られないし、産毛だから処理は不要と考えている方も多いのではないでしょうか?
しかし、水着や背中を出すファッションを楽しむなら背中脱毛も必要です。

見えない背中だから気付きにくいムダ毛!嫌がる人も多い

自分でもよく見える、ワキやデリケートゾーン・顔などの部位のムダ毛は気にしている女性も多いのですが、背中のムダ毛まで気にしている方は、案外少ないのではないでしょうか。しかし、気づかぬ内にムダ毛の無法地帯と化してしまいがちなのが、背中です。
背中のムダ毛は、日ごろ自分で見にくいだけではなく毛がとても薄く触った感覚も少ないため、他の部位よりさらに気づきにくいムダ毛なのです。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/backhair.html

よく電車の中とかで、首から背中にかけて結構深く開いてる服着てる女の人で毛がふさふさの人いるけどあれってなんなの?自分は絶対毛が生えてないと思ってんのかな?気になんないのかな?他のとこはツルツルなのに変なの

引用元:https://twitter.com/okryu_ui/status/655353401987870720

夏になると毎年思うのだけど、首から背中にかけて産毛が濃いめな女性は手入れした方が良いと思います。俺だけかもしれないが、意外と気になる。そして勿体ない。

引用元:http://itsumonews.com/post-1078-1078

自己処理は危険!背中脱毛はクリニックで始めよう

背中に限らず、自己処理には数々のリスクを含みます。除毛クリームや除毛タオルなどでムダ毛処理を行った際に発生しやすい埋没毛などは、もともと見づらい部位であることもあり、さらに悪化してしまう可能性もあります。
さらには、本来毛並みに沿って行わなければいけないカミソリでは、上から下に向かって剃毛しなくてはならず、身体の柔らかい方でも至難の技であると言えるでしょう。当院にいらっしゃる患者さまの中にも、カミソリで自己処理をしている最中に背中を切ってしまい、傷になってしまったという方もいらっしゃいました。
背中などの見えない部分の自己処理は、他の部位に比べてさらなる注意が必要です。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/backhair.html

医療機関でしか使えないレーザー機器を使う医療脱毛であれば、背中のムダ毛にも脱毛効果を期待できます。医療脱毛に使われるレーザーにも何種類かありますが、背中の産毛にはダイオードレーザーなどが適しています。

引用元:http://xn--u9j2iodz05mvqaq45ahylc0ks0nfa66yft8a.com/laser-hair-removal/medhical-laser-hair-removal-back-effect.html

背中のムダ毛の毛質が産毛の場合には、医療用レーザー脱毛がおすすめです。
剛毛や太毛の場合は光脱毛でも効果は得られやすいのですが、
軟毛に場合は従来の医療用レーザーであっても巧く脱毛効果が得られない場合がありました。
ヤケドのリスクを回避するために無理に低い出力で何度も照射すれば、
「硬毛化」「増毛化」の可能性もあり、大変難しい部位の一つでした。
医療用レーザー脱毛機器の新しい機種であれば、産毛に対してもアプローチできるものが登場しています。
産毛の脱毛に関しても引受が可能であると明記している医療機関で行いましょう。
また背中へのレーザー照射は、ニキビなどの改善にも効果を得ている場合が多々見られます。

引用元:http://xn--2014-zf5f358mfw4aexa.com/merit05.html

背中脱毛のリスクも理解しよう!増毛化・硬毛化って何?

背中の脱毛には、「増毛化」「硬毛化」というリスクが伴います。このリスクは、背中のような産毛を脱毛した際に光やレーザーなどが刺激となり、脱毛する以前よりもムダ毛が増えたり、濃くなったりしてしまうものです。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/backhair.html

硬毛化・多毛化の原因はしっかりと解明されていませんが、原因は使用する熱量の可能性が高いと言われています。レーザーや光脱毛は、毛の黒い色(メラニン)に反応させて、熱の力で毛の細胞を処理します。この時、毛が太ければ太いほど毛の色が濃いので、弱い熱量でも光を集める事ができます。その為、毛を簡単に処理できるのです。逆に細い毛(産毛)だと上手く毛に光が集中せず、弱い熱量しか毛の細胞に伝わりません。
弱い熱量だと細胞を処理出来ず、逆に活性化するキッカケになってしまう場合があるようです。これが硬毛化・多毛化の原因ではないかと考えられています。

引用元:http://n-coozy.com/terminal-hair-2494

ただ、この増毛化・硬毛化が起きてしまった場合、もともと色素が薄かった毛が太く濃くなるので医療レーザー脱毛が反応しやすくなるので、照射を続けることで完全な脱毛を行うことが出来るのです!
したがって、この増毛化・硬毛化のリスクが保証されているエステサロン・クリニックであれば産毛の脱毛にも全く心配ないのですが、保証が無かった場合は追加で料金がかかってしまったり、むしろ産毛が太くなった状態で解約しなければいけなくなったりするので注意しましょう。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/ubuge_effect.html

見えやすい腕や足などとは異なり、見えないことであまり意識しない背中には、思った以上にムダ毛が生えている場合があります。
中には不快感を感じる人もいるので、他の部位同様にキレイに処理しておく方が良いでしょう。
医療脱毛は産毛にも効果的な脱毛機があり、クリニックなので肌トラブルや増毛化・硬毛化の対処もスムーズに行ってくれて安心です。
キレイにドレスを着たり、水着を着たりしたい方は、ぜひクリニックのレーザー脱毛でツルツル背中を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です