1. トップ >
  2. ビューティ > 脱毛の痛みが気になる…!!部分別・脱毛機関別の痛みは違う??
2017/02/10

脱毛の痛みが気になる…!!部分別・脱毛機関別の痛みは違う??

04

脱毛の中でも宅に痛みを感じやすいのが、太い毛が生えやすいワキやVIO、膝下と言われます。
では脱毛機関別では痛みの違いはあるのでしょうか?
今回は脱毛の「痛み」についてまとめましした…!

脱毛サロンで感じる痛みと、痛みの強い箇所

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

脱毛エステサロンで多く導入されている光脱毛(フラッシュ脱毛)は現在の脱毛技術の中では「最も痛みの少ない脱毛方法」として知られています。光脱毛なら「輪ゴムではじかれたような痛み程度の小さな刺激だった。」という感想を持つ人がほとんどです。

引用元:http://datumou-recipe.com/qa04/

このフラッシュ脱毛のメリットは、肌への刺激が少ないことと施術時間が短いということの2つです。
色々な脱毛方法がありますが、フラッシュ脱毛が最も肌への負担が少ないので肌荒れを起こす可能性も低く、敏感肌でも問題無く脱毛できています。

引用元:http://www.prognosetrends.com/

脇の下やVIOラインのような、毛が太めの部位は一般的に痛みが強いと言われています。逆に腕や背中はあまり痛いという人が少ないという意見がございます。

引用元:http://datsu-mode.com/content/p409/

脱毛クリニックで感じる痛みと、痛みの強い箇所

レーザー脱毛はどうしても痛みが伴います。痛みがほとんどないとうたっているクリニックもありますが、いくら痛みに強い人でも多少の刺激は感じるものです。
レーザー脱毛は黒色にだけ吸収される波長の光を照射することで、毛を発生させる元になっている毛乳頭や、毛包幹細胞を破壊する事で脱毛効果が得られます。ですので、細胞を破壊する際に痛みを感じるのは当たり前のことです。

引用元:http://剛毛女性のムダ毛処理方法.com/laser-hair-removal/laser-ouch.html

毛が太く、皮膚が弱い部分ほど強い痛みを伴います。
VIOやワキなど、皮膚は繊細なのにしっかりとした毛が生えている部分は痛みの程度も強くなります。
加えて、手や足の指など骨に近い部分も痛みを感じる方が多い部位です。また、患者さまによっては脛や太ももなどの下半身にもしっかりとした毛が生えており、強い痛みを感じる方もいらっしゃいます。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/964.html

一つ言える事は脱毛がすすんで毛が減ってくると痛みを感じなくなってくるのです。また、痛みをどうしても我慢できない場合は、後述の痛い場合の対処法でもまとめていますが、クリニックの人に伝えると出力を下げてくれるので、遠慮せずに「痛い!」と伝えましょう。毛が減って行く楽しみを考えると、痛みを少し我慢出来るかもしれませんね。

引用元:http://xn--u9j2iodz05mvqaq45ahylc0ks0nfa66yft8a.com/laser-hair-removal/laser-ouch.html

痛みを感じやすいひとはどうしたら良い??


 

万が一刺激が強すぎると感じた場合は出力を下げてくれたり、冷却ジェルを足してくれたりと融通は十分にききますので、安心して申し出ましょう!

引用元:http://datumou-recipe.com/qa04/

脱毛を受ける数時間前に鎮痛剤を飲むことで、痛みが感じにくくなる人もいる様です。こちらは施術者とあらかじめ相談してから使用しましょう。

引用元:http://n-coozy.com/depilation-pain-1026

クリニックでの脱毛なら麻酔を使用できるので痛みに関してはあまり心配いらないと思います。塗るタイプだったり、笑気麻酔(リラックス麻酔)といった歯医者さんでも使用している麻酔を使用できたりと、痛みに弱い女性に嬉しい設備があるところ医療機関ならではのポイントです。

引用元:https://www.depi10.info/#sec-no6

どうでしたでしょうか。
光脱毛はパワーが弱いので痛みを感じにくい代わりに通う回数が多くなってしまい、医療レーザー脱もうではパワーが強く効果が出やすい変わりに痛みを感じやすいようです。
しかし、脱毛クリニックは医療機関なので笑気麻酔や麻酔クリームを使う事が出来ます。
どちらの脱毛機関を選ぶかは、皆さんのセレクト次第なので、後悔しない脱毛方法を選ぶようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です