1. トップ >
  2. ビューティ > 脱毛の前に知っておきたい!○○があっても脱毛できる?
2017/02/10

脱毛の前に知っておきたい!○○があっても脱毛できる?

02

日本の脱毛方法は、毛根のメラニン物質に反応する波を当てて、毛根を破壊するという脱毛方法です。
では、脱毛したい部位にホクロやタトゥー、痣などがある場合は脱毛を受けることが出来るのでしょうか?

○○があっても脱毛出来る?~ホクロ編~

レーザー脱毛器は黒いメラニン色素に反応するという特徴を利用しておりますので、大きなほくろへの照射は火傷のリスクが高くなります。当院では避けるかテープ等でカバーをしての照射となります。
小さいほくろは照射によって一時的に濃くなり、その後薄くなる場合があります。照射の際にこちらからも確認しますが、もしも取りたくないほくろがあれば仰って下さい。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/892.html

基本的にはレーザー脱毛でほくろは一緒に消えてしまいます。
レーザー脱毛で一緒に消えるのは、アレキサンドライトレーザーを使っているレーザー脱毛だけです。ダイオードレーザーやYAGレーザーではほくろは消すことができません。(薄くなることはあります)

引用元:http://男の脱毛おすすめ.com/025.html

ホクロの数が多い人の場合、少しだけ準備に時間がかかるかもしれませんが、ホクロがあるからといって脱毛をあきらめる必要はないのです。
普通に「多少ホクロが多い」程度の人であれば問題なく脱毛することが出来ますよ。

引用元:http://顔脱毛サロン.com/hokuro.html

○○があっても脱毛出来る?~タトゥー編~

今ファッションの1つとして、タトゥーを入れているという人は少なくありません。
実はそのタトゥーが脱毛をする際に障害になってしまう事があります。
なぜ、タトゥーを入れた場所は、脱毛時に障害になってしまうのでしょうか。

引用元:http://www.leg-hair-removal.com/qa/tattoo.html

タトゥーや刺青にも脱毛マシンの光が反応してしまうので、ヤケドを起こしてしまうことも考えられます。となればもちろん痛いですし、その後かさぶたになって剥がれ落ち、タトゥー自体も薄くなってしまう…最悪そこだけ消えてしまうことになりかねません。

引用元:http://www.esthetique.jp/qanda/epi/tattoo_epi.html

結論からいえば、タトゥーが入っていても脱毛の施術を受けることは可能です。
ただし、タトゥーが入っている部分は避けて照射することになります。
タトゥー部分以外であれば脱毛は問題なく出来ますが、自船にカウンセリングでしっかり伝えておきましょう。

引用元:http://datsumo-clip.com/bubun/1251/

○○があっても脱毛出来る?~痣編~

“アザ”があっても、脱毛するには問題はありません。しかし、“アザ”のある部位に直接脱毛器を当ててはいけない!!ということが鉄則です。これは、ホクロも同じですね。
脱毛エステサロンでの脱毛でもアザやほくろのある部分は避けて施術されると思いますが、カウンセリングのときに聞いておきましょう。

引用元:http://datsumouki.jpn.org/post_108.html

アザと言っても、薄らとあるようなアザの場合は、日焼けをして黒くなっている肌よりもメラニン色素が薄い場合もあるんですね。
アザの状態やメラニンがどれくらい蓄積されている肌なのかをプロのエステティシャンにチェックしてもらい、アザが薄く脱毛できる場合は、その部分の産毛も脱毛できる場合があります。
これも素人判断はできません。
また、アザ部分の肌環境があまり良くないと、できない場合もあります。

引用元:http://www.c21whiting.com/post-74.html

針脱毛、ニードル脱毛は一本一本脱毛していくので時間がかなりかかってしまうという大きなデメリットがあるのですが、あざやほくろの部分は人によって変わるのですが狭い範囲であることが多いので狭い範囲で針脱毛を行うのは問題ないんです。
ほくろやあざ部分の毛を脱毛したい場合にはニードル脱毛を選びましょう!

引用元:http://www.p2p-art.com/%E3%81%BB%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%82%84%E3%81%82%E3%81%96%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%AF%9B%E3%82%82%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F.html

ホクロ・タトゥー・痣がある場合、その箇所を避けて脱毛する場合が多いようです。
光脱毛・レーザー脱毛もともに、光を当てることでお肌の毛根を破壊する脱毛方法なので、色が濃いホクロ・タトゥー・痣は肌トラブルの原因となってしまうリスクがあるのです。
針を使って毛根の1本1本から脱毛するニードル脱毛ならばメラニン色素が濃い箇所でも脱毛が可能ですが、これには強い痛みを伴います。
いずれにしても心配ごとがあるのなら、脱毛サロン・脱毛クリニックに直接問い合わせてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です