1. トップ >
  2. ビューティ > 知っておくとタメになる!医療レーザー脱毛のリスクとは?
2017/02/10

知っておくとタメになる!医療レーザー脱毛のリスクとは?

01

脱毛が一般的な美容法となった今、多くの女性が脱毛で綺麗になりたいと考えています。
ですが、そんな脱毛にもメリット・デメリットが存在します。
今回は人気の医療脱毛のリスクについてお伝えします。

今スグ知っておきたい!~医療脱毛のリスクとは?~

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

ごく稀ではありますが顔や背中に多い産毛にレーザー照射すると硬毛化したり、増毛化する可能性があります。
硬毛化・増毛化は事前に知っておいてもらいたい医療レーザー脱毛のリスクのひとつです。
硬毛化が発生する可能性は低いですが、万が一硬毛化が生じた場合は他の毛と同様にレーザー照射することで脱毛することが可能です。

引用元:http://医療レーザー全身脱毛.jp/knowledge/3439

体毛と毛包にだけダメージを与え、周囲の皮膚には影響しない、ギリギリのラインで照射することが重要で すが、肌・体毛の個人差やその日の肌の状態などの関係から、ヤケドを起こすリスクがあります。

引用元:http://www.lonestarrevival.com/risk.html

皮膚の炎症反応です。レーザー照射後は必ず起きます。肌が弱めの方は、数日ヒリヒリ感が残ることがあります。

引用元:http://depilation-rs.com/risk/

脱毛のリスクは回避できないの?なぜそんなことが起こるの??

通常は火傷するほど高いエネルギーで照射しないように細心の注意を払っていますが、日焼けで極端に肌が黒かったりするとその部位で熱に変換されてしまい、そのまま火傷になります。火傷で怖いのは跡ですよね。徐々に薄くなるとは言え、しばらく嫌な思いをしてしまいます。

引用元:https://www.depi10.info/

残念ながら、なぜこのようなことが起こるのか、未だ解明されていないのが現状です。当院では、増毛化・硬毛化してしまった際の追加照射を1回分無料で行っておりますのでご安心ください。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/949.html

医療レーザー脱毛によるお肌の炎症は必ず起こるものですが、それほど大きな痛みを伴うわけではなく軽くほてりがある程度ですし、痛みや炎症が少ないレーザー脱毛機を使用することで炎症の程度を抑えることが出来ます。
症状は軽いですが、お肌の炎症は医療レーザー脱毛のリスクのひとつと言えます。

引用元:http://医療レーザー全身脱毛.jp/knowledge/3439

もし肌トラブルを起こしてしまったら処置をして貰えるの?


 

医師の診察が必要になるのですぐに診察をします。
診察後、必要に応じて治療薬(内服薬・軟膏)処方をいたします。
診察、薬代など全て無料で対応しているところもあります。

引用元:http://www.lonestarrevival.com/risk.html

医師・看護師の免許を有するスタッフが診察・処置に携わり、個々の肌質や毛の状態を見極め適切な施術を行います。脱毛行為そのものが毛母細胞を破壊し、毛の再生を無くす治療ですので、一時的に赤みや痒みを伴うことがあります。
専門的知識をもつ医師による診察と、必要に応じた薬剤の処方により医療機関での脱毛はアフターフォローも万全です。

引用元:http://www.kyu-depi.com/about/medical

やけど、色素沈着、硬毛化など万が一の脱毛トラブルの場合、皮膚科医がすぐに診察、治療可能です。

引用元:https://toitoitoi.clinic/

万全のアフターフォロー体制を持った医療脱毛クリニックならば、肌トラブルを心配することなく施術を受ける事が出来ますね。
これは、医療脱毛を行う医療期間だからこそ出来るトラブル対応なのです。
医療脱毛は毛根を破壊するので、肌へのダメージが必ず出てしまいます。
でしが、施術後には軟膏やクリームを処方して貰えますし、肌の痛みや炎症も数日間で収まるケースが多いのです。
安心して通えるからこそ、脱毛クリニックでの脱毛が人気なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です