1. トップ >
  2. ビューティ > 最悪の場合は脱毛拒否!?脱毛前後に絶対やってはいけない9つのこと
2017/02/10

最悪の場合は脱毛拒否!?脱毛前後に絶対やってはいけない9つのこと

02

脱毛前後に絶対やっては行けないことがあることは皆さんご存じですか?
特に、始めて脱毛サロン・脱毛クリニックに行くという人は分からないことだけで、もしかしてNG行動をしてしまっているかもしれません。

これだけは気を付けて!ゼッタイNG行動!

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

脱毛は肌が乾燥していると十分な効果を発揮することができません。
よって、肌が乾燥してしまう日焼けは絶対にNG。
また、冬などの場合はヒザの角質や、脚の粉吹きにも要注意。
乾燥しているなと思ったら、保湿のケアをしっかりするようにしましょう。

引用元:http://www.脱毛器・脱毛サロン選び.net/anser-qa/6424.html

剃毛しておかないと照射エネルギーが肌表面から出ている毛に吸収されてしまい、毛根まで届きません。これでは照射した意味が全くありません。脱毛当日には必ず剃毛しておきましょう。
カミソリよりも電気シェーバーの方が肌表面を傷つずに剃毛できます。

引用元:http://ヒゲ脱毛-調査隊.com/jitaku.html

お酒は血行を促進し、体温を上昇させます。皮膚に熱がこもると、施術後かゆみや炎症を起こしやすくなってしまいます。施術後も肌の回復を早めるためにも、正しい食生活をするようにしてくださいね。

引用元:http://www.datumou-joho.net/datumou/tyuuiten/prohibited/

脱毛後にゼッタイ気を付けてほしいNG行動!

プールや海には雑菌がいっぱいです。脱毛後の肌はバリア機能が低下しているので、雑菌はいとも簡単に肌に侵入してきます。
すると、ただでさえ脱毛で炎症を起こしている肌が、雑菌によりさらに炎症を起こしてしまうことになってしまいます。

引用元:http://www.datumou-joho.net/datumou/tyuuiten/prohibited/

日焼けは脱毛に通っているあいだはずっと厳禁です。紫外線対策は万全にしてください。

引用元:http://datsumo-clip.com/column/1285/

レーザー脱毛も光脱毛も、毛のメラニンに反応して脱毛する仕組みなので毛自体がなければ毛根を破壊する事ができません。出来れば脱毛を開始する1ヶ月前から脱毛が終了する期間の間は毛抜きは行わないようにしましょう。

引用元:http://ヒゲ脱毛-調査隊.com/jitaku.html

場合によってはNGになってしまうかもしれない行動

タトゥーにはレーザー照射ができませんので脱毛を先にすることをお勧めします。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/10655.html

薬の副作用で光線過敏症がでやすい薬が多々あります。
原因となりうる薬は、抗生物質(テトラサイクリン系)、抗菌薬(キノロン系)、抗がん剤、利尿薬(チアジド系)、解熱鎮痛薬(ピロキシカム、アンビロキシカム、ケトプロフェン)、血糖降下薬、塩酸チリンロール(セレカル、ダイム)、向精神病薬(フェノチアジン系)など。

引用元:http://脱毛口コミ評判.com/datsumou-tyuui/

妊娠中や何らかの疾患がある場合も医療レーザー脱毛はできない場合が多いです。ほとんどの場合は、レーザー脱毛そのものが危険なのではなく、脱毛による痛みによるストレスや、万が一、皮膚に炎症などが起きたときに対処できなくなる可能性もあるので、処置をしていません。

引用元:http://www.jpa2010-kanazawa.jp/entry8.html

このように脱毛を受ける側でも気を付けなければいけない事が多いのです。
基本、脱毛期間中は毛抜きの使用はNGですが、シェーバーでの自己処理はOKです。
しかし、通っている脱毛サロン・脱毛クリニックによっては初回のみ毛の様子を見るため剃毛せずにくる事が求められたり、脱毛期間中は剃毛自体がNGのところもあります。
もし、自分でNG行動の判断がつかないという場合には、通っている脱毛サロン・脱毛クリニックに相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です