1. トップ >
  2. ビューティ > 手軽だけど落とし穴も…カミソリ除毛で起こるリスクとは?
2017/02/10

手軽だけど落とし穴も…カミソリ除毛で起こるリスクとは?

4a298d6771ce57af176f44c7093bbbd4_m

とても手軽でいつでも除毛できるということから行っている方も多いカミソリによる除毛。
しかし、そんな手軽さの中にも落とし穴は存在しているのです。
カミソリによる除毛にはどんなリスクが隠れているのでしょうか?

カミソリによる除毛にはどんなリスクが待っているのか?

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

カミソリ負け
カミソリの刃を肌に当て剃っていく時に、むだ毛と一緒に皮膚表面も傷つけてしまいます。特に敏感肌の方はカミソリ負けによる赤みやかゆみが出やすいので気をつけましょう。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/risk.html

垢の様に必要になった角質が自然と剥がれ落ちるのと違って
カミソリによる刺激の場合は半ば無理やり。
お肌の角質がはがれてしまうと、その分お肌の保湿機能や
バリア機能は低下しちゃうんですね。

そのため、お肌が乾燥しやすくなってしまうんですね。

引用元:http://mudage.aissca.com/item/item05.html

カミソリや毛抜きで自己処理を繰り返すうちにできてしまう埋もれ毛。
ついついほじくり出して抜いてしまいたいけど、無理に埋もれ毛をほじくり出そうとすると皮膚に傷が付いてしまい、ひどいときには出血、かさぶたができて色素沈着してしまう可能性も。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/loss-of-hair/post-325

カミソリを使って除毛するならどんなことに注意するべき?

「肌も毛もタンパク質でできているため、温めると柔らかくなる性質を持っています。お風呂上がりなど、肌や毛が十分柔らかくなっている状態で剃ると、カミソリの刃当たりがソフトになります。お風呂前でしたら、蒸しタオルで温めることも効果的です。

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/006747/

剃ったあとは、
水かぬるま湯で剃った毛を流して、
それかたタオルで拭きます。

クリームは多少刺激があるので、
ワセリンを塗って皮膚を保護しながら剃りましょう!

引用元:http://mery.jp/28055

体調が思わしくない場合や日焼け後など、肌の状態が不安定な場合には処理は避けるようにし、処理後はケアを忘れないようにしましょう。

引用元:http://xn--88ja5dyd5org398t3n3bzmp.net/chuui-point/mudagesyori-kamisori.html

もう肌を傷つける行為をしなくてもいい!カミソリを卒業して医療脱毛へ


 

毛根そのものを破壊するため、1度処理すれば再生されません。ほぼ永久脱毛となります。生えてくるとしても、細いうぶ毛で気にならない程度です。

引用元:http://www.jingandjang.com/catalogue/laser.html

レーザー脱毛はもともと肌のしみ治療に使っていた機械を応用したものになります。そのため、実際に肌が綺麗になります。レーザーの熱によって肌のキメが整い、毛と同じメラニンが含まれるシミやそばかすにも効きます。実際に脱毛を経験した人は、肌が明るくなったり、肌が綺麗になったのを実感している人が多いです。

引用元:https://www.femmy-umeda.com/column/11.html

レーザーの威力が強いので平均で1年~1年半、5~6回程度で自己処理の必要が無くなる

引用元:http://xn--3iq243e6har45e.tv/epi-process/545.html

カミソリによる除毛は肌を傷つけて乾燥につながるだけではなく、埋没毛や色素沈着などの肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。
また、カミソリによる除毛は手軽さはあるものの、結局毛がなくなるというわけではないため、ずっと除毛をしていかなくてはなりません。

ずっと肌へのリスクを抱えたままカミソリで除毛するのか、もしくは医療脱毛に切り替えてほとんど毛を剃らなくても良くするのか、あなたはどちらを選びますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です