1. トップ >
  2. ビューティ > 医療脱毛でワキ毛処理!ワキガになってしまうのは本当?
2017/02/10

医療脱毛でワキ毛処理!ワキガになってしまうのは本当?

03

医療脱毛でも特に人気のワキは毛が濃いので、黒い色素に反応して脱毛する医療脱毛と相性抜群です。
中にはワキ毛がなくなると汗が出やすくなってワキガになる、またはワキガが治るなんて言われていますが、本当なのでしょうか?

医療レーザー脱毛でワキガになる?それとも治る?

レーザー脱毛の特徴として、”ワキ汗が増えてしまったりワキガが治る”という噂があるようです。しかし、そのようなことは医学的に証明されていないことで、根拠のない噂です。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/bodyodor.html

医療レーザー脱毛をするとワキガが治るという話がある一方で、「医療レーザー脱毛のせいでワキガになる」というまったく逆のウワサもよく聞かれます。
結論からいえば、医療レーザー脱毛のせいでワキガになることはありません

引用元:http://datsumo-clip.com/waki/1283/

レーザー脱毛によってむしろ、わきがを軽減できるんですよ。
レーザー脱毛で毛根を破壊することで、わきがの原因である雑菌の繁殖を防ぎます。実際に、軽いわきがの治療にレーザー脱毛を使用することもあるほど。

引用元:https://datumou-derella.jp/underarmodor-hairloss/

ワキガの原因と医療脱毛の仕組みについて理解しよう

ワキガの主な原因は、アポクリン腺から出る汗にあります。汗そのものは無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が皮膚表面に存在する常在菌により分解されることで、鼻につく独特のにおいが発生するのです。これに皮脂が混ざり合うと、においはさらに強くなります。
もうひとつの汗腺であるエクリン腺から出る汗は水と塩分でできているため無臭なのですが、ワキガ体質の場合は、これが蒸発する時にアポクリン腺から出る汗のにおいを一緒に拡散させてしまいます。そのため、身体全体がにおうように感じられてしまうのです。

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/004594/

医療レーザーは、単一の波長の光を増幅して皮膚に照射する方法です。脱毛では皮下の毛の色、黒いメラニン色素をターゲットにして行います。単一の波長なのでターゲットにのみ作用し、表皮やその周辺の細胞を傷つけることもありません。
レーザーを照射すると皮下の黒い毛に熱が吸収され、毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わります。やがてその熱が周囲に広がり、毛の製造工場ともいえる毛球部の毛母細胞を破壊した結果、毛が生えてこなくなるのです。

引用元:http://www.epi.ac/laser/laser_mechanism.html

ワキを濡らすワキ汗はエクリン汗腺という汗腺、ワキガの原因となる汗はアポクリン汗腺という汗腺からそれぞれ分泌されます。これらの汗腺は毛根とは離れて存在しているので、黒い色素だけが反応する医療用脱毛レーザーは反応せず、脱毛施術によって汗腺がダメージを受けてしまう心配はありません。

引用元:https://www.tsutsui-biyo.com/operation/hair_removal/osmidrosis.html

ワキ毛脱毛をすると汗が出やすくなる理由は?

一般的に、わき毛脱毛をすることによって脇汗の量がふえてしまうということはありません。ただ、わき毛がなくなったことにより、今まで汗の流れを止めていてくれたものがなくなってしまったため、そのまま流れ落ち、汗の量が多くなったと錯覚する人が多いのだそうです。

引用元:http://www.xasina.com/

脱毛を行いムダ毛がなくなることで、汗がダイレクトに肌をつたうことで、汗が増えたように感じる患者さまは当院にもいらっしゃいます。このことにより、ワキ汗が増えたと感じてしまう患者さまも多く、このような噂が広まっているのではないでしょうか。しかし、これは通気性がよくなったことの裏返しでもあります。ワキを清潔に保ちやすくなり、汗によるムレやニオイも軽減することができるのです。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/bodyodor.html

精神的な不安のせいで汗が増えてしまった、ということも考えられます。「ワキの脱毛をしてせいで汗が増えた気がする……」とワキ汗を意識してしまうことによって、余計汗をかきやすくなります。

引用元:http://datsumo-clip.com/waki/1283/

医療脱毛でワキ毛を処理すると、肌に直接汗が触れるため、ワキ汗の量は増えたと感じる人が多いようで、実際には汗の量は増えていません。
しかし、その思い込みが原因で汗の量を増やしてしまう可能性があります。
また、ワキ毛脱毛をしたことでワキガになるという根拠もなく、元々の遺伝的な体質の場合が考えられるでしょう。
脱毛のみでワキガは改善されませんが、清潔な状態に保つことでワキガの臭いを軽減しやすくなるメリットはあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です