1. トップ >
  2. ビューティ > 医療レーザー脱毛は埋没毛でも脱毛可能?埋没毛は治るの?
2017/02/10

医療レーザー脱毛は埋没毛でも脱毛可能?埋没毛は治るの?

03

何度もムダ毛の自己処理をすると出てきてしまう埋没毛。
埋没毛は一度出来てしまうとなかなか治りません。
そのため脱毛を考えている方の中には、埋没毛があるから…と諦めてしまっている方がいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は医療レーザー脱毛と埋没毛についてご紹介します。

埋没毛はどうして出来てしまうの?まずは原因をきちんと知っておこう

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれることもある埋没毛(まいぼつもう)は、カミソリや除毛クリームによる剃毛・除毛を行った際に、皮膚の内側で発毛・成長してしまった毛のことです。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/ingrown.html

カミソリや自己処理の際に皮膚が傷ついてしまうことで、ムダ毛の出口がカサブタで覆われてしまったり角質化してしまったりすることで、正常に毛穴から生えることが出来なくなり、埋没毛になってしまいます。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/ingrown.html

肌の一番表面にある角質は、肌にうるおいを保つフタや、内部に雑菌が入らないようにするバリアの役目をしています。
乾燥や肌荒れは角質層がボロボロの状態で、これ以上ダメージを大きくしないためにターンオーバーを遅くしてどんどん古い角質をため込んで肌を分厚く固くしていきます。
すでに毛穴から伸びているムダ毛はそのまま育ってやがて抜け落ちていきますが、分厚くなった角質が毛穴をふさいでいるため新しく育ってきたムダ毛は表面に出られずに皮膚の下で育っていってしまいます。これが埋没毛の原因です。

引用元:http://g-po.jp/2816/

医療レーザー脱毛・光脱毛は埋没毛に効果はあるのか?

埋没毛は自己処理などで傷ついた毛穴がかさぶたで塞がってしまい、うもれ毛が生じる症状です。レーザー脱毛なら、肌の負担を最小減に埋没毛を取りのぞくことができます。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/10707.html

埋没毛は光脱毛でも処理ができます。理屈は簡単で、目に見える埋没毛には光脱毛の光が確実に届くからです。その光が、皮膚の下に隠れている無駄毛の毛根に着実にダメージを与えて、脱毛に導いてくます。

引用元:http://xn--54qr16df8o.jp/faq/hair-buried.html

ただし、埋没毛が皮膚から抜けるまでには、多少の時間が必要になります。個人差があるので断定はできませんが、1週間から2カ月が必要になります。

引用元:http://xn--54qr16df8o.jp/faq/hair-buried.html

埋没毛を防ぐなら自己処理ではなく脱毛がおすすめです!


 

根本的に埋没毛を防ぐためには、毛抜きやカミソリを使った処理をやめることが必要です。その上で、自己処理不要な永久脱毛状態を作ることができる医療レーザーの施術を受けましょう。レーザーはすでに埋もれてしまった毛に対しても効力を発揮するため、今埋もれ毛に悩んでいる方にもおすすめです。

引用元:http://www.maria-cl.net/qa/ingrown.php

医療レーザー脱毛を行えば、皮膚を傷つけることなく毛根組織を直接破壊して脱毛を行えますので、埋没毛のリスクは極限まで低くすることが出来ます。また、1度破壊されてしまった毛根組織は再生することがないので、事実上の永久脱毛が行えます。なので、再び自己処理を行う必要も無くなり、埋没毛も防げるのです。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/ingrown.html

ただ、やはり一番良いのはクリニックで医療脱毛を受けること。医師が常駐しているため、肌トラブルがあっても安心です。

引用元:http://www.maria-cl.net/qa/ingrown.php

埋没毛は医療レーザー脱毛はもちろん、脱毛サロンなどで行われている光脱毛でも効果があることが分かりました。
ただ、埋没毛を治すという観点から見ると、光脱毛は除毛は出来ても完全に永久脱毛させることは出来ないので、また毛が生えてきてしまいます。
そのため、事実上永久脱毛となる医療レーザー脱毛を選んだ方が、後々埋没毛に悩むこともなくなるでしょう。
ぜひ埋没毛に悩んでいる方は、医療レーザー脱毛を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です