1. トップ >
  2. ビューティ > 使ったことある!?除毛クリームを使った脱毛のメリットとデメリット
2017/02/10

使ったことある!?除毛クリームを使った脱毛のメリットとデメリット

01

除毛クリームは肌の表面上に出ているムダ毛を除去する方法です。除毛の方法はカミソリ・毛抜き・クリーム等があります。「脱毛」と違ってコストがかからず簡単に出来ることから若い世代を中心に人気を集めています。

脱毛クリームが人気の理由!?隠されたメリットとは…!

なんといっても除毛クリームは痛くありません。塗って待つだけで毛が抜けるのですから、気軽に試せますね。カミソリと違って、例えば背中とか太腿とか、脱毛処理がやりづらい場所も手のひらが届けば除毛クリームを塗ることができるので脱毛ができるのもメリットと言えるでしょう。

引用元:http://www.datsumou-antenna.jp/contents/00049/

脱毛後のお肌がツルツルであるということも、人気がある要因です。
アフターケアを怠ると二次的に毛嚢炎や埋没毛を起こすこともありますが、
この脱毛法の直接的な原因でそれらを起こすリスクは極めて低いとされています。

引用元:http://xn--wckvc895jio0ajkw.com/merit07.html

カミソリやシェーバーだと、触った感じがチクチクしたりザラザラしたり、ジョリジョリしたりするじゃないですか?
あの感じがあまりしなくなります。
全然しないわけではありませんが、確実に弱いです。

引用元:http://kegakoi.com/shorihou/risk.html

脱毛クリームは実は肌に悪い!?デメリットとは…

除毛クリームのデメリットは、肌荒れする人が多いことでしょう。除毛クリームもいろいろと種類がありますが、多いのはムダ毛を溶かすタイプ、毛の主成分であるタンパクを分解するタイプです。ムダ毛が溶けるぐらいですので、それなりに強い成分です。

引用元:http://www.datsumou-antenna.jp/contents/00049/

しっかり除毛効果を発揮させるためには、クリーム量をケチれないので、
広い範囲の脱毛、継続的に使うにはお金がかかるのが脱毛クリームの欠点(‘・_・`) だから、キレイに脱毛したい夏の一時期だけ使うとか、脇、手指の毛、ヒジ、膝の毛など狭い範囲での活用が現実的です

引用元:http://datumoujyoshi.com/shaving/cream/datumoucream.html

自己処理を少しでも楽に、きれいにしたい方には向いていますが、この先むだ毛処理とはお別れしたいという方には向いていませんので、そういった方は医療脱毛や脱毛サロン・または自宅の場合は家庭用脱毛器を検討することをおすすめします。

引用元:http://hadalove.jp/depilatory-cream-ranking-19483

除毛クリームで永久脱毛は不可能…、では永久脱毛するにはどうしたらいい?

除毛クリームは「安い」「お手軽」「広く使える」がメリットです。
デメリットは「永久的ではない」「敏感な場所はキケン」。

引用元:http://jomoukuri-mu.com/archives/11http://jomoukuri-mu.com/archives/11

一口に脱毛の効果と言っても、一時的な脱毛効果、永続的な脱毛効果と2種類あります。 カミソリや毛抜は一時的な脱毛効果を得るための脱毛手段であり、 医療脱毛が永続的な脱毛効果を得るための脱毛手段となります。

引用元:http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/

自己処理の手間や時間もコストと考えると医療脱毛がお得です。
全身脱毛が総額で税込397,000円(※リゼクリニックの料金。VIOと顔の脱毛込み)
20歳から1年半~2年の間通ってこの金額です。それ以降はほぼお手入れが必要になりません。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/11204.html

除毛クリームを使う人の中には「コストがかからないから」・「手軽に出来るから」という理由で除毛クリームによる自己処理を行っているようですが、実は全身脱毛を行ったほうが以外とコスト・時間的にもお得だったりするんです…!
1回にかかるコストは安くても、それを半永久的に続けないといけないので1生の内にかかるコストは480ヶ月×700円=336,000円。
そのほかにも肌トラブルになる原因にもなります。
医療脱毛であればお得に、そして安全に脱毛が受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です