1. トップ >
  2. ビューティ > 乾燥からお肌を守り美肌を作ろう!正しいスキンケアで生き生きとした肌に
2017/02/10

乾燥からお肌を守り美肌を作ろう!正しいスキンケアで生き生きとした肌に

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_m

あらゆるお肌の悩みでスキンケアが重要とされているのは誰でもご存じだと思います
ただ単にお肌の悩みといっても人それぞれ違うことでしょう。
ここでは、お肌のトラブル多くあげられる乾燥肌の人のために間違ったスキンケア方法をしていないか、どんなスキンケアが乾燥肌を守るのかをご紹介します。

その方法は乾燥を引きおこす!原因をしっかり追求してみましょう。

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

シャワーで洗い流すと気持ちよいですよね。誰でもやっているはずです。しかし水圧の高いシャワーを顔面に当てる洗顔方法はNG。石けんだけではなく角質まで剥がれ落ちてしまい、乾燥肌の原因になります。シャワーを浴びる際は、顔を避けて洗い流しましょう。どうしてもシャワーを顔に浴びたい場合は、水圧を弱くして使ってください。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/dry/post-246

ボディソープは要注意です。全部がそうだとは言いませんが、大体において、肌の乾燥を引き起こす石油系合成化学物質などが入っている場合があります。安心して使いたいなら昔ながらの透明な固形石けんがオススメです。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/dry/post-246

高級な化粧水、美容液……とにかく塗りたくることで安心していませんか。スキンケアで大切なのは、肌のコンディションに合わせた必要十分なケア。毎日何も考えずにフルラインナップでお手入れをすることは、肌を甘やかして本来の力を低下させる上、別のトラブルも招きかねません。

引用元:https://www.sinkan.jp/news/5882?page=1

どんなスキンケア方法をすれば乾燥しなくなるの?

洗顔やお風呂の後はもっとも肌が乾燥している状態です。すばやく化粧水と保湿ケアを行うことで、肌から水分が蒸発するのを防ぎましょう!

引用元:https://veramagazine.jp/article/dryskin-best-skincare

オイルクレンジングは乾燥肌の人が使うと洗浄成分が強すぎるかもしれません。オイルはメイクの他に角質や余分な皮脂を奪ってしまいます。乾燥肌のケアにはミルククレンジングがおすすめです。目元など、メイクが濃くてどうしても落ちないと言う場合は、目元だけオイルクレンジングを使うようにしましょう。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/dry/post-246

「セラミド」配合の”化粧水”も肌にうるおいを与えることはできます。
しかしながら、実は「セラミド」は脂質であり、水溶性の成分と相性のよい化粧水では高濃度での配合が難しいとされています。
その点美容液は、比較的多くの「セラミド」を配合することが可能です。セラミド配合美容液をスキンケアに取り入れて保湿を上手に行いましょう

引用元:http://hadalove.jp/dry-skincare-11452

自分にあったスキンケアアイテムを探しましょう

小さくて高浸透な「ヒト型ナノセラミド」が配合されており肌の深いところまで浸透して潤してくれます。
エイジングケアに力を入れたスキンケアラインなので比較的低刺激で、小ジワ・ほうれい線・たるみ・毛穴などに効くのが嬉しいポイント。

引用元:https://veramagazine.jp/article/dryskin-lotion#heading9

アスタリフトの「ローション<化粧水>」です。
3種類のコラーゲン
ヒアルロン酸
という保湿成分を配合しており、乾燥したお肌を内側からしっとり潤わせてツヤのあるお肌へと導いてくれます。

引用元:https://veramagazine.jp/article/dryskin-lotion#heading9

美白型のビタミンC誘導体が角層の奥まで浸透し、お肌の透明感を引き出してくれるビーグレンの「QuSomeローション 」です。
最新型ビタミンC誘導体を配合で肌の保湿成分「セラミド」を増やしながら角層細胞を強化し、お肌をしっかり保湿してくれます。

引用元:https://veramagazine.jp/article/dryskin-lotion#heading9

もともとは乾燥肌体質ではなく、実は自分で乾燥肌を引きおこしてしまっていたという方も中にはいたのではないでしょうか。
間違ったスキンケア方法をここで見直し、なかなか改善されなかった人も正しい対策をすれば肌は必ずしっとりと潤ってきます。
こまめなケアが必要になってきますが、放っておいてシミやシワなど他の悩みのタネを作らないよう毎日の積み重ねを大切にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です