1. トップ >
  2. ビューティ > レーザー脱毛はガンがあっても受けられる?受けたら悪化する?
2017/02/10

レーザー脱毛はガンがあっても受けられる?受けたら悪化する?

03

レーザー脱毛は特殊なレーザーを肌に当てることによって毛だけを傷つけて脱毛していくのですが、それによってガン細胞に影響があるようなことはあるのでしょうか?
万が一に備えて知識を身に着けておきましょう。

まずは医療レーザー脱毛の仕組みをおさらいしよう!

レーザー光線は、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用します。その性質を利用し、青、赤、黒の色を感知して、その部分にのみ集中的に熱を加え、組織を破壊することができるのです。これを「選択的光熱治療」と言います。

引用元:http://www.epi.ac/laser/laser_mechanism.html

単一の波長の光を増幅して皮膚に照射する方法です。脱毛では皮下の毛の色、黒いメラニン色素をターゲットにして行います。単一の波長なのでターゲットにのみ作用し、表皮やその周辺の細胞を傷つけることもありません。

引用元:http://www.epi.ac/laser/laser_mechanism.html

毛根部の黒い色素(メラニン)に光が吸収され、そこで熱のエネルギーに変換されます。その熱のエネルギーが毛根周囲に存在する毛を発生させるもとになっている組織(毛乳頭や毛包幹細胞)を破壊することで、脱毛効果が得られるというものです。

引用元:http://www.datsumou-kouza.com/laser/index.html

医療レーザー脱毛の光はがん細胞に影響はあるのか?

「日焼けしすぎると、ガンのリスクが高まる」という事を耳にした事はありませんか?」そもそも日に焼ける事自体、健康面以前に美容面に悪影響であるという事が広く知られていますので、発がんのリスクを懸念するよりも美肌を保つためにUVケアを行う女性が多数を占めているはずです。

引用元:http://beautybody-press.jp/knowledge/2063/

私たちが普段浴びている日光には、赤外線、可視光線、紫外線という名の3つの種類があり、このうちの紫外線とは、波長が10~400nmに当たるもので、別名を科学線とも言います。

引用元:http://beautybody-press.jp/knowledge/2063/

レーザー脱毛の光の波長は、赤外線に近いもの。
ちょうど電気ストーブ、お総菜コーナーの電熱線やこたつのようなものに近いものです。そして医療レーザー脱毛用機器のレーザーの光は、皮膚表面から3~4ミリのところ、ちょうど毛包の位置までしか届かないように設計されています。

そのため、血管や内臓内の組織に影響を与える心配も、皮膚ガンやその他のガンの心配もありません。

引用元:https://motety.com/lazer-hairremoval-risk

がんの人が医療レーザー脱毛を受ける時に注意すべき点は?

「やっぱりガンが心配!」という方は、信頼度やサービスにこだわってサロンを選ぶべきです。せっかく脱毛するのですから、不安や心配事を感じる事なくツルツルなお肌を目指してください。

引用元:http://beautybody-press.jp/knowledge/2063/

エステティック業界の広告などでは、「出力が高い=怖い」とされていることも多い医療脱毛。

ですが、少ない回数で完了し、しっかりと処置も術後のケアもできるために、肌の毛穴以外、皮膚全体に及ぼす影響としては、むしろエステティック脱毛で相談するよりも、副作用リスクも、ガンやニキビ、抜け毛や多汗などのトラブルも少ない方法なのです。

引用元:https://motety.com/lazer-hairremoval-risk

まずは主治医にご相談の上、カウンセリングをご予約ください。
患者さまの主治医の診断と当院の医師の診断によって脱毛の可否を見極めさせていただきます。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/924.html

医療レーザー脱毛で使われる特殊な光は赤外線に近いことから、ガン細胞に及ぶ影響は見られないと考えられています。
ただし、何が起こるかわからないのも事実です。
もしもガンがある方で医療レーザー脱毛を受けたいという場合は、必ず主治医に相談した上で、脱毛クリニックで相談してみましょう。
多くの脱毛クリニックでは脱毛できるかどうかを医師同士で相談していきます。
ガンであることを黙って受けないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です