1. トップ >
  2. ビューティ > ムダ毛処理は昔から行われていた!知られざる脱毛の歴史
2017/02/10

ムダ毛処理は昔から行われていた!知られざる脱毛の歴史

6

今は脱毛をすることが当たり前となっていますが、一体いつからムダ毛処理がはじまったのかご存じですか?
実はかなり古くから脱毛が存在したみたいです。
では、ムダ毛処理の歴史についてご紹介します。

脱毛の歴史は古い!海外では古代から脱毛が行われていた!

ムダ毛を処理して美しい肌を保つ習慣は紀元前4000年頃にはもうスタートしていました。記録によるとこの時代の地中海地方や古代オリエントでは硫黄と石灰、そして澱粉と水でペースト状にされた脱毛剤が使用されていました。

引用元:http://www.nigeriaentertainment.com/rekishi.html

地中海沿岸の国々では紐や縄で毛を挟んで抜く脱毛方法も行われ、この方法は現在でも地中海地方や台湾で利用されています。イスラム文化圏では聖典であるコーランにムダ毛は不潔なものとしての記載があり、古くから脱毛が行われてきたことがわかります。このように、宗教の観点や衛生面で脱毛が行われてきました。一方、ローマでは美容の観点から脱毛を行っていたと言われています。その点、アジアでは一般的にそれほどしっかりとした脱毛は行われていませんでした。

引用元:http://www.j-esthe.com/guide/depilation/150404.html

紀元前1500年
紀元前1,500年頃の書物によると、エジプトでも脱毛剤が使われていた記述があります。それによると当時の脱毛剤は「焼いたハスの葉を油と一緒に亀の甲羅の中に入れ、カバの脂肪を加えた」ものだったそうです。

紀元前30年
紀元前30年から40年頃、エジプトの女王クレオパトラも当時流行していた脱毛剤でムダ毛を除去していたことが報告されています。古代エジプトの工芸品の中には、ブロンズのカミソリや近代の床屋さんが使っているような、長い刃のカミソリも発見されています。

引用元:http://www.hygienina.cc/fundamental-knowledge/brazilianwax.html

日本の脱毛歴史!習慣ができたのは平安時代から

実は日本のムダ毛処理の歴史はとても古く、平安時代には一部貴族の女性達が余分な毛を抜いて、ひたいの形を整えるために墨で書き足していたそうです。
それからも、小さい軽石を二つ使って毛をこすってちぎる方法や、木の実から取ったアブラと石を粉にしたものを混ぜた研磨剤できる方法、線香で焼ききる方法、カミソリなど様々な原始的な脱毛方法が行われていました。
これらの脱毛法は決して永久脱毛ではなく、今生えている毛を切るのみの対処に留まる方法でした。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/history.html

平安時代
8世紀~12世紀 日本では平安時代に貴族の女性達などが、額(ひたい)の形を整えるために、余分な毛を抜いて眉墨ならぬ“ひたい墨”で足りないところを書き足していたそうです。
平安中期「毛のよく抜くる銀(しろかね)の毛抜き」は「ありがたきもの」であるように、この頃から毛と美容、とくに脱毛には関心が高かったようです。

引用元:http://www.jsa-cpe.org/epi_objects/history/

日本で最初に脱毛の習慣が広まったのは平安時代です。しかし当時の脱毛は主に額の形や眉毛を整えることを目的としたものでした。
そのため脱毛箇所は顔に限定されており、今現在行われている腕や足に生えるムダ毛の処理とは異なっていました。眉毛の形を整える引眉に代表されるように、当時の日本の脱毛は抜いたり、剃ったりする方法で行われました。
引眉に関しては江戸時代まで行われており、当時の浮世絵に描かれているように毛抜きを使用して行われることもありました。
しかし江戸時代に入ると別の方法での脱毛も行われるようになります。軽石を細かく砕いたものに木の実から取った油を混ぜ、それをムダ毛の生えている場所に擦り込んで脱毛するという方法です。
これまでは抜く、剃るが主流だったムダ毛処理に、ワックスを使用したものが新たに加わったのです。しかしこの方法での脱毛は肌に大きな影響を与えるために、ワックス使用後の肌ケアも慎重に行われました。

引用元:http://www.nigeriaentertainment.com/rekishi.html

レーザー脱毛と光脱毛、日本で登場したのはどっちが先?

1900年代に入ると電気を用いて毛根を死滅させる技術が広まるようになります。しかしワックスによる脱毛や電気による脱毛は痛みを伴うために、脱毛は辛抱すべきものとして考えられていました。

引用元:http://www.nigeriaentertainment.com/rekishi.html

1983年~
レーザー脱毛器の上陸
この頃から、より効率的に永久脱毛を行うべく、脱毛法はどんどん進化を始めます。医療用のレーザー脱毛器がアメリカの博士により開発され、日本に輸入されたのです。
周りの組織に影響を与えることなく、毛根にある組織のみを選択的に破壊し、より安全で効率的な脱毛を行うことが出来るようになりました。

引用元:https://www.rizeclinic.com/knowledge/history.html

1998年~2000年頃に、医療用レーザー脱毛よりも光の出力の弱い光脱毛器が輸入され、痛みも少なく手軽に脱毛ができることから注目を浴びました。これにより、エステの脱毛サービスだけを独立させ脱毛に特化した脱毛専門サロンも誕生していっそう身近なものとなっています。

引用元:http://abracadabra09.net/rekishi.html

世界では紀元前4000年頃からムダ毛処理が行われていたと言われています。
一方、日本に脱毛の習慣が根付いたのは平安時代と世界に比べて遅いですが、歴史的に古くから行われていたことが分かります。
現在とは目的が違っていますが、どの時代でも美に対する意識があったことだけは想像できますね。
また、1900年代からはニードルやレーザー、そして光脱毛と現在使われている手法も普及しはじめました。
そして、現在も進化が続き、より身近なものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です