1. トップ >
  2. ビューティ > アレルギー性皮膚炎の人は脱毛することはできないの?
2017/02/10

アレルギー性皮膚炎の人は脱毛することはできないの?

02

アレルギー症状の中には様々な症状がありますが、肌に炎症を起こしてしまいかゆみや赤み、痛みまで伴う人もいるアレルギー性皮膚炎。
そんなアレルギー性皮膚炎を持っている人でも脱毛施術を受けることはできるのでしょうか?

そもそも「アレルギー性皮膚炎」はどうして起こってしまうの?

細菌やウイルスなど人体にとって危険な異物が体に侵入したときにこれを撃退する仕組みを免疫反応といいます。この免疫反応が通常は人体に無害な物質やごく微量の異物に対して過剰に反応してしまい、逆に自分の身体を傷害する病態をアレルギーといいます。

引用元:http://www.tmghig.jp/hospital/shinryou/geka/sub10.php

皮膚炎という学術用語には皮膚に炎症(腫脹、発赤、熱感、疼痛・痒みなど)が生じている病態を広く意味する場合(広義の皮膚炎)と、皮膚の炎症反応の1つの様式である湿疹反応(臨床的に痒みを伴った紅斑、丘疹、湿潤などが種々の程度で混在する病態)に限定してこれを意味する場合(狭義の皮膚炎=湿疹皮膚炎、例:アトピー性皮膚炎)とがあります。

引用元:http://www.tmghig.jp/hospital/shinryou/geka/sub10.php

アレルギー性皮膚炎・皮膚疾患の治療を行う上で最も大切なことは発症原因(抗原やアレルゲン)の特定とその除去や排除(例えばかぶれる湿布薬は使わない、薬疹を誘発する薬剤は内服・注射しないなど)に努めることです。
しかしながら、原因を確定出来ないこともまれではなく(前述の各種検査でも原因を特定出来ないことがあります)、また、原因がわかってもこれを日常生活から完全に取り除くことが困難な場合(例えばアトピー性皮膚炎の代表的アレルゲンであるチリダニ排除)も少なくありません。そのため、アレルギー性炎症を軽減させるための治療法(対症療法)が主体となる場合もあります。代表的な対症療法はステロイド外用薬の塗布と抗ヒスタミン・抗アレルギー薬の内服です。また、生活指導やスキンケア指導を行うことでも症状の改善が期待できます。

引用元:http://www.tmghig.jp/hospital/shinryou/geka/sub10.php

アレルギー性皮膚炎を持っていると脱毛をすることはできないの?

アレルギー体質の方や、アトピー肌の女性も脱毛を希望されての相談をいただくことがあります。
基本的にそのような方でも、医療脱毛をすることは可能です。医師がいないエステ・サロンでは肌の状態や万が一の対処ができないためお薦めいたしません。

引用元:http://femmy-c.jp/medical-epilation/atopic-dermatitis

どんなアレルギーでも医療脱毛が可能かというとそうではありません。例えば日光湿疹は紫外線による刺激で肌に湿疹ができるという日光アレルギーと呼ばれています。この日光湿疹には日光過敏症や光過敏症も含まれます。

医療レーザー脱毛のレーザーは紫外線とは異なるため、日光湿疹の場合は問題はないのですが、光過敏症の場合は「光」そのものに反応するため、医療脱毛で使用するレーザーに反応する可能性がございます。脱毛ができないわけではないのですが、必ず事前に医師に相談する必要があります。

引用元:http://femmy-c.jp/medical-epilation/atopic-dermatitis

カミソリや除毛クリーム、ワックスによるムダ毛の自己処理は、肌表面の角質層にまでダメージを与えてしまい、皮膚表面にあるセラミドを削り落とすことでの保湿機能まで奪ってしまうので、アトピー肌や敏感肌が余計に悪化してしまう可能性があります。

引用元:http://www.chuoh-clinic-fukuoka.com/knowleadge6.html

まずはかかりつけ医もしくは脱毛クリニックの医師へ相談を!

テスト照射をして、問題がなければ施術が可能です。
当院ではお肌に何らかの異常があり、医師が必要と判断した方には無料にてテスト照射を行っております。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/1056.html

今回紹介した日光アレルギー以外にも様々なアレルギーが存在ます。思い当たることがあれば当院の無料カウンセリングを是非ご活用されてみてください。アレルギーで肌が敏感だから脱毛は諦める・・・。気持ちはわかりますが、ムダ毛の自己処理も肌への大きな負担となりますので、ご自身で判断されずに、専門の医師による診断をおすすめいたします。

引用元:http://femmy-c.jp/medical-epilation/atopic-dermatitis

皮膚トラブルやステロイド使用中の方は、健康な皮膚状態に比べ皮膚が薄く、ダメージを受けやすい事があります。まず始めに安全に治療が出来る皮膚状態か、また、実際照射するレーザーの出力を決める為に一部テスト照射を行います。
肌トラブルが起きない事を確認してから治療をスタートすることで、火傷や皮膚トラブルの悪化を防ぎ、安心して脱毛治療が受けられるようにしています。

引用元:http://www.chuoh-clinic-fukuoka.com/knowleadge6.html

アレルギー性皮膚炎の場合、肌がかぶれてしまっている部分への脱毛は難しいですが、基本的にかぶれが起きていない場所に関しては脱毛が可能と言えます。
しかもムダ毛は自分で処理をする方が皮膚にとって悪影響を及ぼしてしまうため、脱毛クリニックで脱毛をしてもらった方が肌に優しい可能性が高いです。
そのため、アレルギー性皮膚炎と脱毛で悩んでいる方は、まずはかかりつけの医師や脱毛クリニックの医師に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です