1. トップ >
  2. ビューティ > アレルギー体質でも医療レーザー脱毛を受けることはできる?できない?
2017/02/10

アレルギー体質でも医療レーザー脱毛を受けることはできる?できない?

02

医療レーザー脱毛を受けてみたいけど、アレルギーを持っているので何か影響が出てしまうのでは?と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回はレーザー脱毛とアレルギーについてご紹介します。

アレルギー体質でも医療レーザー脱毛を受けられる?

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

レーザーでの脱毛は、放射線のように人の身体に害を与えるものではありません。 今のところ、アトピーやアレルギーが悪化したという例はありません。

引用元:http://www.epi.gr.jp/qa/qa_ind.html

普段から日光を浴びるとお肌に強く反応(赤み、炎症、腫れなど)が出やすい方は、レーザー照射時にも赤みが強く出る場合がございます。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/10661.html

また、金属アレルギーをお持ちの方は、脱毛機の先端部分が反応してしまう事もございますので、カウンセリングの際にお申し出下さい。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/10661.html

アレルギー体質の人は脱毛した方がいいって本当?

アレルギー体質の人でも安心で、自己処理するよりはおすすめです。カミソリや毛抜きでの自己処理は、肌を傷つけることが多いです。アレルギー体質の人は肌が敏感なので、自己処理で肌を傷つけると、普通の人より余計にダメージを受けることになります。

引用元:http://www.thewickedbass.com/datufaq/atoale.html

サロンでは断られてもクリニックでは施術可能な場合もありますから、アレルギー体質や敏感肌の方はクリニックで相談されることをおすすめします。

引用元:http://datsmow.webcrow.jp/arerugitaishitu.html

ただ、すべてのアレルギー体質の人が安全かといえば少し違うのも事実です。
炎症を起こした結果皮膚に色素沈着が見られる人は、
色素沈着を取り除いてからの施術になるパターンもあるので、
通常よりも多少時間がかかることもあるようです。

引用元:http://www.xn--y8juas2c8foc4b1s2r3bu859cfp2ctjzagh9a4wzb.com/riyouo/arelugir.html

アレルギー体質の方の脱毛においてクリニックが取り組んでいること

アレルギー体質の人については、脱毛サロンのエステティシャン、クリニックの医師共に、しっかりとした対応をするようにして、日頃から、注意をしています。

引用元:http://xn--tckd1k4b4a2099bclgesnhi3atu8b.com/arerugi.html

脱毛をしたい部分が複数個所あるなら、炎症の起こっていない部位からスタートして、肌の調子がよくなり次第、別の部位もスタートすることが出来ます。
脱毛は、医師や施術スタッフのアドバイスを受けながら、焦らずにベストな状態で無理なく進めていきましょう。

引用元:http://xn--wckwfybb4162b6jc7z9dsnr5pwyz4a.jp/qanda/3068

レーザー光は毛のメラニン色素に反応して脱毛作用を起こすため、肌表面や周辺組織に大きな影響はございません。副作用の可能性も限りなく低くなるよう配慮して治療を行います。ご安心ください。

引用元:http://www.maria-clinic.net/menu/datsumo/

アレルギー体質であってもレーザー脱毛によって肌に影響を受けるということはないですが、日光が少し当たるだけで肌が赤くなってしまうような日光過敏症(光アレルギー)の方や、金属アレルギーの方に関してはレーザー脱毛でアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性があります。
しかし、それでもまずは医師に相談することが大切です。
アレルギーを持っているけど脱毛を諦めたくないという方は、ぜひ一度脱毛クリニックの医師に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です