1. トップ >
  2. ビューティ > もう汗で悩まない!汗の疑問と対処法を知ろう
2017/02/10

もう汗で悩まない!汗の疑問と対処法を知ろう

c8918e0317f81fd329f80a34fa0f5ab9_m

夏だけではなく冬でも汗に悩んでいる人は多いでしょう。
服に汗がついてしまい目立ったり、頭に汗をかいてしまうから前髪がビショビショになる、メイクがすぐに崩れてしまうなど、個人によって悩みは様々です。
なぜ汗をかくの?汗は必要なの?などの汗に関する疑問と対策を紹介します。

人はなぜ汗をかいてしまうのか

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

体温調節が汗にとって1番重要な役割です。
体外へ熱を放出する事で体温を調節しています。

引用元:http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000355.html

顔ばかりに汗をかく人は運動不足が原因の可能性があります。

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/010276/

ストレスや緊張などの精神不安が原因で発汗が多い人もいます。

引用元:http://talk.blue/sweat.html

女子が気になる汗をかいても平気なメイク術!

メイクが厚いほど、崩れやすくなります。
薄く塗るように心掛け、ムラにも気を付けましょう。

引用元:https://m3q.jp/t/3424

メイクはスキンケアをした10分から20分後に行いましょう。

引用元:http://ase-nayami.net/97.html

顔全体に下地を塗ってしまうと厚塗りの原因になってしまいます。
化粧崩れが起きやすい所だけ下地をのせていきましょう。

引用元:http://www.spot.town/news/running_make/

汗を止める方法、汗をかかない方法とは?


 

合谷(ごうこく)という人差し指と親指の間の人差し指寄りのところにあるくぼみを押すと、上半身に汗をかきにくくなります。

引用元:https://www.cusugle.com/bodycare/sweat/post-197

発汗を抑制する食べ物や飲み物を選んでみよう。

引用元:http://bcool.black/no-sweat-method-whole-body/

顔専用の制汗剤は、効果がすぐに出るので大事な時に役に立つアイテムです。

引用元:https://welq.jp/54624

汗は、体にとっては必要な事でも、悩みの種には変わりありません。
汗をかきたくないからといって、水分を摂らないと体が危険な事になってしまいます。
食事やツボで多少の汗ならコントロールする事が出来ますので、いざという時に試してみてはいかがでしょうか?
また、汗が異常に多い場合などは多汗症などの病気の可能性もありますので、気になる方は病院で診てもらう事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です