1. トップ >
  2. ビューティ > その自己処理は大丈夫?毛抜きによる脱毛での肌へのリスク
2017/02/10

その自己処理は大丈夫?毛抜きによる脱毛での肌へのリスク

02

お金や時間がかかるという理由から、自己処理で脱毛をする方も多いでしょう。
気軽にできる自己処理方法と言えば毛抜きです。
毛抜きは簡単にムダ毛が処理できる半面、肌に大きな負担を与えるリスクもあります。
毛抜きによる脱毛について考えてみましょう。

毛抜きのメリット:剃刀よりきれいでお金も掛からない

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

メリットとしては1本、1本抜いていくので、仕上がりがカミソリに比べ、綺麗になることです。

引用元:http://xn--u9jxf0b3d374w1wg2lfxz5azb700mli4afx8a.com/kenuki.html

毛抜きによるムダ毛処理のメリットは、頻繁に除毛処理をしなくて済むところにあります。個人差はありますが、ムダ毛を毛根から除毛するので、ムダ毛の再生期間である1~2週間に一度のペースで毛抜き作業する感じで問題ありません。

引用元:http://datsumouki-epilogue.com/link1.html

手元の毛抜きを使えば、無料で毛を抜くことができます。そして毛抜きは、ダイソーで100円で売ってたりするわけですよね。

引用元:http://mojao-datsumou.net/kenuki-kouka/

毛抜きのデメリット:時間がかかるし、埋没毛やシミのリスク

デメリットとしては「埋没毛」になりやすいということです。ターンオーバーを無視して毛を抜くので、毛穴が角質でふさがって次に生えてくる毛が出られなくなり埋没毛になる場合があります。

引用元:http://datsumouki-epilogue.com/link1.html

毛を引き抜く時に、皮膚をひっぱってしまい、毛穴が開いた状態になり、見た目が鳥の肌のようになることも!また、毛を抜くことで出血してしまい、それが赤茶色のシミのような状態で残ることもあります。

引用元:https://www.cusugle.com/skincare/loss-of-hair/post-153

ピンセットで1本1本抜いて処理していくわけですから、他の自己処理方法に比較しても相当な時間も手間もかかってしまいます。一人の女性が自己処理で脱毛する時間は、人生の中の5か月分とも言われています。凄まじく膨大な時間を、脱毛に費やす形になってしまいます。それから、自己処理で行う脱毛法に共通していますが、自分の手の届かないところのムダ毛の処理ができない、ということ。さらに上手に抜けないこともあります。

引用元:http://datsu-mode.com/content/p385/

毛抜きから医療レーザー!クリニックでの脱毛のメリットとは?


 

医師免許を持った医師に診察してもらったうえで脱毛ができるので肌トラブルがほどんどなく安心して施術が受けられます。

引用元:http://www.cliniceffect.com/merit.html

毛穴の中の黒い毛が除去されることで肌の黒ずみが消え、毛穴も引き締まって見えるので肌がキレイに見えます。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/974.html

個人差はあるが、一回一回の効果が高いため、脱毛完了までの回数が少ない。広範囲を一度に脱毛出来る。

引用元:http://xn--eckp2g705l954a5paq88i.net/merit-demerit.html

費用も掛からず、手軽にできる毛抜きでの脱毛ですが、場所によっては上手に抜けない、埋没毛やシミになるというデメリットがあります。
しかし、医療レーザー脱毛なら広範囲を綺麗に脱毛することができ、さらに毛穴を引き締め美肌になれるメリットがあるのです。

診療や施術は医師が行い、トラブル時も正しい対処なので安心して脱毛が受けられます。
効果が大きい分、脱毛は早く完了するのところも魅力です。
毛抜きは卒業して脱毛クリニックで綺麗に脱毛しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です