1. トップ >
  2. ビューティ > あざを持っていても脱毛はできるのか?!徹底リサーチ!
2017/02/10

あざを持っていても脱毛はできるのか?!徹底リサーチ!

02

転んだりどこかにぶつけてしまうことであざが出来てしまうことって誰でも経験あるのではないでしょうか?
そんなあざが出来ている部位でも脱毛ができるのか、今回は紹介していきたいと思います。

そもそもあざが出来てしまう原因とは?

fotolia_93587588_subscription_monthly_m

メラノサイトは通常表皮に存在し、真皮には存在しないのですが、真皮にメラノサイトが存在することがあります。真皮にメラノサイトが存在すると、メラノサイトが作るメラニンのため、皮膚は青く見えます。俗にいう黒、茶、青アザはメラニンが部分的に増加しているもので、一般にメラニンが皮膚の深い部位に存在すれば存在するほど、皮膚は青く見え、皮膚の浅いところに存在すると茶色く見えます

引用元:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa21/q02.html

打ち身や圧迫などの一時的な出血斑の場合、外因により真皮や皮下脂肪織に出血が起こります。血液内のヘモグロビンという赤い色素によって、受傷直後は赤くなります。時間の経過によりヘモグロビンが酸化し青から黄色に変化します。またこの過程で皮膚を守る防御反応としてメラニン色素が生成されるため、長期にわたってあざが残ることがあります。

引用元:https://www.ishamachi.com/?p=11496

皮膚を黒くすることで知られるメラニン色素。あざにもこのメラニン色素が影響しています。

引用元:https://www.ishamachi.com/?p=11496

あざに脱毛の光を照射すると火傷になってしまうリスクがある!

医療レーザー脱毛の光の波長は、黒い色(メラニン)に反応します。レーザーを照射すると、レーザーの光が毛根のメラニン色素に吸収し発熱、毛を成長させる毛乳頭を破壊させます。組織は一度破壊されると毛を成長させるはたらきが絶たれるので、レーザー照射された毛根からは毛が生えてこなくなります。

引用元:http://www.hiroo-prime.com/menu/menu/knowledge.php

IPL方式の脱毛器は毛の黒い色素(メラニン色素)に反応し、ムダ毛の根元の方にある発毛組織を破壊することで脱毛効果を得る脱毛方法です。

よく「エステで脱毛をするか、クリニックで医療脱毛をするか」で悩む女性はいると思うんですが、IPL法は後で説明するSSC脱毛と比べると、医療脱毛に近い仕組みで脱毛効果を得ます。

IPL方式でムダ毛の発毛組織を破壊し続けることで、毛の再生力を弱めながら、ムダ毛の量を減らしていくことができます。

引用元:http://www.kirei-kenkou.com/hikaridatumou/

脱毛サロンの脱毛器の出力は強いので、ほくろやあざの上の毛をレーザーやフラッシュなどの光を当てると、黒い色素に皮膚も反応してしまい、火傷を起こす危険性があります。ほくろやあざは、色素が強くて沈着している部分だからです。

引用元:http://www.p2p-art.com/%E3%81%BB%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%82%84%E3%81%82%E3%81%96%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%AF%9B%E3%82%82%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F.html

患部の状態によっては脱毛もOK!まずは相談しよう


 

色や肌の状態によって、施術できない状態もありますので、脱毛をしたいクリニックを見つけた場合は、担当の医師に相談をしてみるといいのではないでしょうか。
あざの部分にレーザーを当ててしまいますと、あざが大きくなってしまう可能性もありますし、肌に負担がかかってしまうというケースもあるのです。

引用元:http://newsana.mobi/

医療脱毛クリニックでは本来しみやそばかす治療に使われるアレキサンドライトと呼ばれるレーザーを脱毛用に応用したものを使っているところがあります。そうしたクリニックではほくろにレーザーを照射しても肌に悪影響がないので、ほくろの部分に生えてしまったムダ毛も脱毛できます。

引用元:http://www.p2p-art.com/%E3%81%BB%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%82%84%E3%81%82%E3%81%96%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%AF%9B%E3%82%82%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F.html

状態によっては可能なので一度カウンセリングにお越しください。
実際に医師が目視で患部の確認をさせていただき判断いたします。

引用元:https://www.rizeclinic.com/qa/11577.html

あざは元々メラニン色素が濃くなったり、内出血をしてしまったりすることで肌に表れてしまいます。
そのため、メラニン色素に反応する脱毛機では、メラニンに反応してしまい火傷のリスクが考えられるのです。
しかし、あざのある部分以外への脱毛であれば問題ないですし、医療脱毛で使用されているアレキサンドライトレーザーは元々脱毛ではなくシミやそばかすに対して使っていたものです。
そういったものを利用することで、あざがある患部でも脱毛を受けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です